BLACK BODY RADIATION パッケージ チュートリアル

黒体放射パッケージ

外部から入射する放射をすべて吸収する物質は理想黒体と呼ばれる.このパッケージは特定の温度における黒体放射の基本特性についての関数,および黒体のスペクトル分布をプロットする関数を提供する.

PeakWavelength[temp]指定の温度における黒体の最大放射の波長
TotalPower[temp]指定の温度における黒体の全放射力
MaxPower[temp,band]指定の温度におけるピーク波長付近の指定の波長区間における黒体のパワー

黒体放射の特性

パッケージをロードする.
In[1]:=
Click for copyable input
太陽の表面温度は約5000 Kである.太陽が黒体放射体であると仮定すると,次の式はスペクトルがピークを示す波長を計算する.
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
次は温度が5000 Kの場合に黒体が放射する全パワーである.
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
また,次は温度が5000 Kの場合に黒体の波長のピーク付近の0.1 の波長区間における放射パワーである.
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
BlackBodyProfile[temp1,temp2,]指定の温度における黒体のスペクトル分布プロファイルをプロットする

黒体のプロファイルのプロット

3つの異なる温度における黒体からの放射のスペクトル分布.
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

BlackBodyProfileは,各プロファイル曲線に別々のスタイルが指定したい場合,Plotと同じオプションを取る.