はじめに
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

CCompilerDriverパッケージを使うと,コンピュータにインストールされているCコンパイラが使えるようになる.これにより,Cソースコードから実行ファイル,ライブラリ,オブジェクトファイルが構築できるようになる.CompilationTargetオプションを"C"と設定すると,CCompilerDriverパッケージはWolframシステムコンパイラによって自動的に呼び出される.これはWSTP実行ファイルWolfram Libraries(Wolfram言語にリンクできるダイナミックリンクライブラリ)の構築にも便利である.

パッケージを使うには,まずロードしなければならない.

In[1]:=
Click for copyable input

Wolfram Libraryのサンプルソースファイルである.

In[2]:=
Click for copyable input

ライブラリを作成して,完全パスを返す.

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

適切なCコンパイラがない場合は,コンパイルは失敗し,メッセージが生成される.

このライブラリはWolfram Libraryとして書かれている.したがって,関数はLibraryFunctionLoadを使ってロードできる.

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

LibraryFunctionを呼び出す.

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

CCompilerDriverパッケージを使うと,ライブラリに加え,実行ファイルとオブジェクトファイルも構築できる.

WolframシステムにはCコンパイラは含まれているか?

WolframシステムにはCコンパイラは含まれていない.CCompilerDriver パッケージを利用するためには,コンピュータにCコンパイラがインストールされていなければならない.多くの場合,コンピュータには最初からCコンパイラが含まれているか,またはオプションとして加えることができる.また,さまざまな商用・非商用ソースから別のコンパイラを探してきてもよい.

サポートされているCコンパイラについては特定のコンパイラを参照されたい.