CUDAClamp
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

CUDAClamp[lst]
lst の値を自動的に決められた値の間に収める.

CUDAClamp[lst,low,high]
lst の値を lowhigh の間に収める.

詳細詳細

  • CUDALink パッケージがNeeds["CUDALink`"]でロードされていなければならない.
  • CUDAClamp"Float""Double"等の一般的な型に対してのみ使える.
  • CUDAClamp"Float[2]""Integer32[2]",,等の定数ベクトル構造体型に対しては使えない.
  • CUDAClampは記号入力に対しては使えない.
  • lowhigh が指定されていない場合,入力が浮動小数点数なら low0.0high1.0である.入力が整数の場合はlow0high255である.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (5)  (5)

まず CUDALink アプリケーションをロードする:

In[1]:=
Click for copyable input

整数リストの値を範囲に収める:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

上記はMapと同じである:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

範囲の値は明示的にできる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

入力は浮動小数点数でもよい:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

入力は画像でもよい.その場合,整数のリストとして解釈される:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

high パラメータは省略できる:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

入力はCUDAMemoryでもよい.CUDAMemoryLoadを使ってリストをロードする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

値を-55の間に収める:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

返されたメモリはCUDAMemoryGetを使って取り出せる:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=