CUDAColorNegate
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

CUDAColorNegate[image]
image の色を反転する.

CUDAColorNegate[list]
list の色を反転する.

CUDAColorNegate[mem]
mem が参照したメモリの色を反転する.

詳細詳細

  • CUDALink パッケージがNeeds["CUDALink`"]でロードされていなければならない.
  • は二値,グレースケール,その他の画像に対して使える.
  • CUDAMemoryとリストに対して使える.
  • 複数の画像チャンネルがあるときは,はそれぞれ別々に作用する.
  • 入力の型がRealの場合,入力はからではなくから引かれる.
  • 等の定数ベクトル構造体型に対しては使えない.
  • 以下のオプションが与えられる:
  • "Device"$CUDADeviceCUDA計算に使われるデバイス
    "OutputMemory"None新しいメモリ場所が作られるのを避けるための提供される出力メモリ

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (5)  (5)

まず CUDALink アプリケーションをロードする:

In[1]:=
Click for copyable input

入力カラー画像の色の反転を行う:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

グレースケール画像を反転する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

二値画像を反転する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

入力リストに対して色の反転を行う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

入力がCUDAMemoryのとき,出力としてメモリが返される:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

入力を反転する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

CUDAMemoryGetを使ってメモリを取り出す:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=