CUDAFunction
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

CUDAFunction[args]
CUDAFunctionLoadを使ってロードした関数を表す.

詳細詳細

  • CUDALink パッケージがNeeds["CUDALink`"]でロードされていなければならない.
  • CUDAFunctionLoadによって返される.
  • オブジェクトは純粋関数と同じように使える.
  • で表される関数はWolfram言語カーネルと同じプロセスで実行される.
  • で表される関数はWolfram言語カーネルが終了するときにアンロードされる.
  • CUDAFunctionInformationについての情報を返す.
  • 開始するときに,(への追加の引数として)スレッド数が指定されてなければ,階数と次元が最も大きい要素の次元が選ばれる.画像については階数は2に設定される.
  • 開始するときに,スレッド数がブロック時限の倍数でなければ,ブロック次元の倍数に切り上げられる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

まず CUDALink アプリケーションをロードする:

In[1]:=
Click for copyable input

CUDAソースから関数をロードする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

関数を呼び出す:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

CUDA関数についての情報を与える:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=