CUDAImageMultiply
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

CUDAImageMultiply[img,x]
img 中の各チャンネル値に因子 x を掛ける.

CUDAImageMultiply[mem,x]
mem 中の各チャンネル値に因子 x を掛ける.

CUDAImageMultiply[img1,img2]
各画素が img1img2の中の対応する画素の積である画像を返す.

CUDAImageMultiply[mem1,mem2]
各画素が mem1mem2の中の対応する画素の積であるCUDAMemoryを返す.

詳細詳細

  • CUDALink パッケージがNeeds["CUDALink`"]でロードされていなければならない.
  • CUDAImageMultiplyは二値,グレースケール,その他の画像に対して使える.
  • CUDAImageMultiplyCUDAMemoryとリストに対して使える.
  • CUDAImageMultiply[image1,x]ImageMultiply[image1,x]CUDAImageDivide[image1,1/x]に等しい.
  • CUDAImageMultiply[image,]によって返された画像は image と同じ次元を持つ.
  • CUDAImageMultiply[image1,image2]image1image2の次元は同じでなければならない.
  • CUDAImageMultiply[image1,image2]において image2がシングルチャンネル画像なら,image1の各チャンネルにimage2が掛けられる.
  • CUDAImageMultiply[image,x]において,数 x は通常0から1までの範囲にある.
  • CUDAImageMultiply[image,x]は必要に応じて値を切り取って,image と同じデータ型に基づく画像を返す.
  • CUDAImageMultiply[image1,image2]は必要に応じて値を切り取って,image1の型の画像を返す.
  • 以下のオプションが与えられる:
  • "Device"AutomaticCUDA計算に使われるデバイス
    "OutputMemory"None出力が保管されるCUDAMemory

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (4)  (4)

まず CUDALink アプリケーションをロードする:

In[1]:=
Click for copyable input

2つの画像を掛け合せる:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

画像に一定数2.0を掛ける:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

2つの二値画像の論理積:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

CUDAImageMultiplyは階数が2または3のリストの乗算にも使える:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//MatrixForm=
Translate this page: