CUDAMap
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.


lst の各要素に f を適用する.

詳細詳細

  • CUDALink パッケージがNeeds["CUDALink`"]でロードされていなければならない.
  • 等の一般的なベクトル型に対してのみ使える.
  • 等の定数ベクトル構造体型に対しては使えない.
  • は記号入力に対しては使えない.
  • Mapに等しい.
  • f の値にはCosSinTanArcCosArcSinArcTanCoshSinhExpLogLog10SqrtCeilingFloorAbsのいずれかが使える.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

まず CUDALink アプリケーションをロードする:

In[1]:=
Click for copyable input

Cos演算子を入力リストにマップする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

上記はMapに等しい:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

入力はCUDAMemoryでもよい.CUDAMemoryLoadを使ってリストをロードする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

入力メモリにAbsを適用する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

返されたメモリはCUDAMemoryGetを使って取り出すことができる:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=