CUDAMemoryAllocate
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.


指定の型の一次元CUDAMemoryを与える.


指定の型と次元のCUDAMemoryを与える.

詳細詳細

  • CUDALink パッケージがNeeds["CUDALink`"]でロードされていなければならない.
  • に使える型:
  • IntegerRealComplex
    "Byte""Bit16""Integer32"
    "Byte[2]""Bit16[2]""Integer32[2]"
    "Byte[3]""Bit16[3]""Integer32[3]"
    "Byte[4]""Bit16[4]""Integer32[4]"
    "UnsignedByte""UnsignedBit16""UnsignedInteger"
    "UnsignedByte[2]""UnsignedBit16[2]""UnsignedInteger[2]"
    "UnsignedByte[3]""UnsignedBit16[3]""UnsignedInteger[3]"
    "UnsignedByte[4]""UnsignedBit16[4]""UnsignedInteger[4]"
    "Double""Float""Integer64"
    "Double[2]""Float[2]""Integer64[2]"
    "Double[3]""Float[3]""Integer64[3]"
    "Double[4]""Float[4]""Integer64[4]"
  • 以下のオプションが与えられる:
  • "Device"$CUDADeviceCUDA計算に使われるデバイス
    "TargetPrecision"Automatic計算に使用する精度

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (4)  (4)

まず CUDALink アプリケーションをロードする:

In[1]:=
Click for copyable input

各次元が10である階数3のテンソルを割り当てる:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

CUDAMemoryInformationを使うとメモリについての情報が取り出せる:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

メモリをアンロードする:

In[4]:=
Click for copyable input

単一次元については,長さには整数が使える:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

CUDAMemoryLoadと関連付ける.異なる型がサポートされる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

RealあるいはComplexとしてメモリを加えると,デバイスが倍精度をサポートしているかどうかに基づいた型が返される:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

この場合,CUDAデバイスは倍精度をサポートしている:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

を設定すると,動作の変更を強制することができる:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=