CUDASort
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

CUDASort[vec]
入力ベクトルをソートする.

CUDASort[mem]
CUDAMemoryをその場でソートする.


順序を与える関数 op に従って入力をソートする.

詳細詳細

  • CUDALink パッケージがNeeds["CUDALink`"]でロードされていなければならない.
  • 等の一般的なベクトル型に対して使える.
  • は記号入力に対しては使えない.
  • Sortに等しい.
  • op の値にはLessまたはGreaterが使える.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (4)  (4)

まず CUDALink アプリケーションをロードする:

In[1]:=
Click for copyable input

入力リストをソートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

順序を与えるGreater関数を使ってソートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

入力がCUDAMemoryなら,出力としてメモリが返される:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

入力のCUDAMemoryをソートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

入力と出力のメモリは同じである.つまり,CUDASortはメモリをその場でソートしたということである.CUDAMemoryGetを使ってメモリを取り出す:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

はベクトル型に作用し,データを辞書の順序にソートする. ランダムな整数の組を生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

メモリをとしてロードする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

その場でメモリをソートする:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

メモリをWolfram言語に取り込む:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

結果はWolfram言語のものと一致する:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=