OBSOLETE CALENDAR パッケージ シンボル

Calendar

バージョン10.0で,暦機能はWolfram言語に組み込まれた


暦関数のオプションであり,どの暦を使うかを指定する.

詳細詳細

  • を使うためには,まず暦パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["Calendar`"]を実行する必要がある.
  • Calendar->system は暦システム system を使うよう指定する.
  • 次の設定を与えることができる:
  • Gregorianグレゴリオ暦
    Julianユリウス暦
    Islamicイスラム暦
    Jewishユダヤ暦
  • Calendar->Automaticでは,1752年9月3日以前はJulian暦が使われ,1752年9月13日以降はGregorian暦が使われる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

In[1]:=
Click for copyable input

イスラム暦1420年の日数を計算する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[1]:=
Click for copyable input

ユダヤ暦5760年の日数を計算する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[1]:=
Click for copyable input

ユリウス暦では,1900年が閏年であった:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

これは通常の西洋(グレゴリオ)暦には当てはまらない:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=