Islamic

バージョン10.0で,暦機能はWolfram言語に組み込まれた


イスラム暦で表す.

詳細詳細

  • を使うためには,まず暦パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["Calendar`"]を実行する必要がある.
  • Calendarオプションの値であり,CalendarChangeの引数として使うことができる.
  • この暦はJulian,つまり暦の(ヘジラが起ったとされる日)から始まった.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (5)  (5)

In[1]:=
Click for copyable input

CalendarChangeの引数により,西洋(グレゴリオ)暦の日付がイスラム暦の日付に変換される.次は2000年1月1日のイスラム暦での日付を計算する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[1]:=
Click for copyable input

イスラム暦には次の月がある:

In[2]:=
Click for copyable input

従って,上記の日付は1420年ラマダン月24日ということである.

In[1]:=
Click for copyable input

イスラム暦1420年ラマダン月の最初の日を西洋暦にする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[1]:=
Click for copyable input

イスラム暦の1年は西洋暦の1年よりも日数が少ない:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
In[1]:=
Click for copyable input

イスラム暦は純粋に太陰暦(月が月の行程に対応する)であるが,閏月がないため,季節は考慮に入れない.イスラム暦は西洋暦に対して後退する.例えば,連続した年のラマダンの始まりの日付がそうである:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=