DeleteEdge

バージョン10で,Combinatorica パッケージの機能のほとんどがWolframシステムに組み込まれた. >>


グラフ g から e を引いたものを与える.g が無向ならば,e は無向辺として扱われ,それ以外の場合は有向辺として扱われる.指定された頂点間に複数の辺がある場合は,1辺だけが削除される.

DeleteEdge[g,e,All]
指定された頂点対の間の辺すべてを削除する.の第3引数にタグDirectedを使う方法は,今では使われない.

詳細詳細

  • DeleteEdgeの機能はWolfram言語の組込み関数EdgeDeleteで利用できるようになった.
  • を使うためには,まず Combinatorica パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["Combinatorica`"]を実行する必要がある.