EdgeConnectivity

バージョン10で,Combinatorica パッケージの機能のほとんどがWolframシステムに組み込まれた. >>

EdgeConnectivity[g]
削除するとグラフ g が非連結になるような辺の最少数を与える.


削除するとグラフが非連結になるような辺集合の最小の大きさを与える.

詳細とオプション詳細とオプション

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

この関数の代りに Mathematica カーネルのEdgeConnectivityが使われるようになった:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=