NetworkFlow

バージョン10で,Combinatorica パッケージの機能のほとんどがWolframシステムに組み込まれた. >>


グラフ g のなかで source から sink までの最大フローの値を返す.

NetworkFlow[g,source,sink,Edge]
source から sink の最大フローにおけるフローとともに正のフローを持つ g の辺を返す.

NetworkFlow[g,source,sink,Cut]
sourcesink の間の最小カットを返す.

NetworkFlow[g,source,sink,All]
source から sink の最大フローにおける各辺のフローとともに g の隣接リストを返す.

詳細詳細

  • NetworkFlowの機能はWolfram言語の組込み関数FindMaximumFlowで利用できるようになった.
  • を使うためには,まず Combinatorica パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["Combinatorica`"]を実行する必要がある.
  • g は有向グラフでも無向グラフでもよい.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

の代りにFindMaximumFlowが使われるようになった:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=