ToAdjacencyMatrix

バージョン10で,Combinatorica パッケージの機能のほとんどがWolframシステムに組み込まれた. >>

ToAdjacencyMatrix[g]
グラフ g を表す隣接行列を構築する.

ToAdjacencyMatrix[g,EdgeWeight]
Infinityで損失された辺を表し,隣接行列の要素として辺の重みを返す.

詳細詳細

  • ToAdjacencyMatrixの機能はWolfram言語の組込み関数AdjacencyMatrixで利用できるようになった.
  • ToAdjacencyMatrixを使うためには,まず Combinatorica パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["Combinatorica`"]を実行する必要がある.
  • AllあるいはSimpleを取るオプションTypeを使い,構築された行列を操作することができる.
  • Type->Allがデフォルトであり,Type->Simpleでは g が持つ自己ループと多重辺が無視される.
Translate this page: