BoundedDiagram


の有界のボロノイ(Voronoi)図を計算する.ここで境界は点により形成される凸多角形である.            


val がドロネー(Delaunay)三角形の頂点隣接リストであるとする.


hull が凸包の指標リストであるとする.

詳細詳細

  • を使うためには,まず計算幾何学パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["ComputationalGeometry`"]を実行する必要がある.
  • 有界のボロノイ図は,頂点座標リストと頂点隣接リストの2つのリストで表される.
  • 頂点隣接リストの要素は点に対応し,指標 は有界の多角形を形成する頂点座標リストの頂点を見付ける.
  • はまず非有界のボロノイ図を見付けてから,その図に有界の多角形頂点を組み込む.
  • 有界の多角形はすべての点が含めるほど大きくなければならない.
  • ドロネー三角形と凸包が使える場合は,最初のボロノイ図の計算を速く実行するためにオプションの引数 valhull を使ってもよい.