ConvexHull

バージョン10で,ComputationalGeometryパッケージのすべての機能がWolframシステムに組み込まれている. >>

ConvexHull[{{x1,y1},{x2,y2},}]
反時計回りの順に並んだ点の指標のリストとして表される,点{{x1,y1},}の平面凸包を求める.

詳細詳細

  • ConvexHullの機能はWolfram言語の組込み関数ConvexHullMeshで利用できるようになった.
  • ConvexHullを使うためには,まず計算幾何学パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["ComputationalGeometry`"]を実行する必要がある.
  • 次のオプションを与えることができる:
  • AllPointsTrue異なる点をすべて含むかどうか
  • AllPoints->Falseという設定では,包を定義するのに必要な点の最小集合のみが返される.