ConvexHullMedian

バージョン10で,ComputationalGeometryパッケージのすべての機能がWolframシステムに組み込まれている. >>


中央値を,データの凸包の最も内側の層にある二変量データ点の平均と推定する.

詳細詳細

  • を使うためには,まず計算幾何学パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["ComputationalGeometry`"]を実行する必要がある.
  • はデータ点が3つ以下になるまでデータから凸包を繰り返し削除する.
  • オプションEstimateDOF->Trueを使うと,凸包の最内層にある点の数を含むことができる.デフォルト設定はFalseである.