TileAreas

バージョン10で,ComputationalGeometryパッケージのすべての機能がWolframシステムに組み込まれている. >>

TileAreas[{{x1,y1},{x2,y2},},{q1,q2,},val]
頂点の隣接リスト val によって規定されるように,中心が{xi,yi}で頂点が qj であるタイルの面積を求める.

詳細詳細

  • TileAreasの機能はWolfram言語の組込み関数Areaで利用できるようになった.
  • TileAreasを使うためには,まず計算幾何学パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["ComputationalGeometry`"]を実行する必要がある.
  • 頂点隣接リストの要素{i,{v1,v2,}}の頂点 v1,v2,で記述される多角形には,点{xi,yi}が含まれていなければならない.