VoronoiDiagram

バージョン10で,ComputationalGeometryパッケージのすべての機能がWolframシステムに組み込まれている. >>

VoronoiDiagram[{{x1,y1},{x2,y2},}]
{x1,y1},{x2,y2},の平面ボロノイ(Voronoi)図を返す.

VoronoiDiagram[{{x1,y1},{x2,y2},},val]
val がドロネー(Delauney)三角形分割の頂点の隣接リストであるとする.

VoronoiDiagram[{{x1,y1},{x2,y2},},val,hull]
hull が凸包の指標のリストであるとする.

詳細詳細

  • VoronoiDiagramの機能はWolfram言語の組込み関数VoronoiMeshで利用できるようになった.
  • VoronoiDiagramを使うためには,まず計算幾何学パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["ComputationalGeometry`"]を実行する必要がある.
  • ボロノイ図は頂点座標のリストと頂点隣接リストの2つのリストで表される.
  • {xi,yi}に対応する頂点隣接リストの要素{i,{v1,}}と指標 v1,は,点{xi,yi}に関連する多面体を形成する頂点座標リストでの頂点あるいは射線を見付ける.
  • ドロネー三角分割と凸包が使える場合は,オプションの引数 valhull を使ってボロノイ図計算を速くすることができることもある.