OpenSQLConnection
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

OpenSQLConnection[src]
名前付きデータソースへの接続を作成する.

OpenSQLConnection[JDBC[]]
JDBCオブジェクトが記述するデータソースへの接続を作成する.

OpenSQLConnection[]
名前付きデータソースを作成・管理するためのGUIを開く.

詳細詳細

  • OpenSQLConnectionを使うためには,まずNeeds["DatabaseLink`"]を使って DatabaseLink をロードする必要がある.
  • 使用可能なオプション
  • "Name"""接続名
    "Description"""接続についてのテキストによる記述
    "Username"""接続に使用するユーザ名
    "Password"""接続に使用するパスワード
    "Location"""接続を定義しているファイルの場所
    "Catalog"Automaticデータベースカタログの場所
    "Properties"{}JDBCドライバに渡される,規則として表されたキーと値のペア
    "ReadOnly"Automatic接続を読取り専用に設定する
    "RelativePath"Falseデータベースの場所が設定に相対的に指定されているかどうかを示す(ファイルベースのデータベースについて)
    "Timeout"$SQLTimeout操作に対するタイムアウト設定(秒)
    "TransactionIsolationLevel"Automatic接続にトランザクション分離を設定する
    "UseConnectionPool"Automatic管理されたプールから接続を開く
    "Version"None設定ファイルのバージョン

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

In[1]:=
Click for copyable input

このセクションの例を実際に試してみて,記載の通りに動作しなかった場合は,データベースの例の使用で述べているようにパッケージを使ってデータベースをインストールするか,もとの状態に戻す必要がある可能性がある.

名前付きデータソースへの接続を開く:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

JDBCを使って指定のデータソースへの接続を開く:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
In[4]:=
Click for copyable input

GUIを開く:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
In[6]:=
Click for copyable input

このセクションの例を実際に試してみて,記載の通りに動作しなかった場合は,データベースの例の使用で述べているようにパッケージを使ってデータベースをインストールするか,もとの状態に戻す必要がある可能性がある.