SQLExecute
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

SQLExecute[conn,command]
SQL接続でコマンドを実行する.

SQLExecute[conn,command,args]
コマンドに引数を渡す.

SQLExecute[SQLSelect[conn,...]]
conn の開閉を管理する.

詳細詳細

  • SQLExecuteを使うためには,まずNeeds["DatabaseLink`"]を使って DatabaseLink をロードする必要がある.
  • この関数はデータを削除して元に戻せなくなることがあるため,使用には十分な注意が必要.
  • オプションのサポートと動作はドライバ,ドライバのバージョン,RDBMSタイプによって異なる.
  • クエリの影響を受ける行数を指定する整数を返す.表の削除の際にエラーが生じたら$Failedを返す.
  • 使用可能なオプション
  • "ColumnSymbols"None結果に関連付けるシンボル
    "EscapeProcessing"TrueエスケープされたJDBC関数シンタックスを変換する
    "FetchSize"AutomaticJDBCドライバへの結果セットの大きさの提示
    "GetAsStrings"Falseすべての結果を文字列として返す
    "GetGeneratedKeys"False更新されたレコードに関連付けられたキーを返す
    "MaxFieldSize"Automatic可変長の列のタイプのバイト制限
    "MaxRows"Automatic返される最大行数
    "ShowColumnHeadings"False結果とともに列見出しを返すかどうか
    "Timeout"$SQLTimeoutクエリのタイムアウト
    "BatchSize"1000パラメータを伴うクエリはこのサイズのバッチごとに処理される
    "JavaBatching"TrueWolfram言語層の代りにJava層でパラメータのバッチ処理を行う

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

In[1]:=
Click for copyable input

このセクションの例を実際に試してみて,記載の通りに動作しなかった場合は,データベースの例の使用で述べているようにパッケージを使ってデータベースをインストールするか,もとの状態に戻す必要がある可能性がある.

接続を開始する:

In[2]:=
Click for copyable input

データを選択する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

表を作成する:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

データを挿入する:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

データを選択する:

In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=

データを更新する:

In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=
In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]=

データを削除する:

In[10]:=
Click for copyable input
Out[10]=

表を削除する:

In[11]:=
Click for copyable input
Out[11]=
In[12]:=
Click for copyable input