WriteDataSource
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

WriteDataSource[name]
新しいHSQLデータソース name を書き出す.

WriteDataSource[name,database]
database の新しいデータソースを書き出す.

詳細詳細

  • WriteDataSourceを使うためには,まずNeeds["DatabaseLink`"]を使って DatabaseLink をロードする必要がある.
  • 使用可能オプション
  • "Description"""接続についてのテキストによる記述
    "URL"AutomaticJDBC設定で使われるURL
    "Username"Automatic接続に使用するユーザ名
    "Password"Automatic接続に使用するパスワード
    "Properties"{}この接続に設定するプロパティ
    "Location"Userデータソースをインストールするかどうか
    "RelativePath"Automaticファイルベースのデータベースが相対パスを持つかどうか
    "UseConnectionPool"Automatic接続プールを使うかどうか
    "ReadOnly"Automatic接続を読取り専用にするかどうか

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

In[1]:=
Click for copyable input

HSQLデータベースを使用するという名前のデータソースを作成する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

新しいソースへの接続を開く:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]//Short=
In[5]:=
Click for copyable input
In[1]:=
Click for copyable input

を含み,実行しているユーザが利用できる新しいデータソースを作成する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

作成された設定ファイルを見る: