TrekGenerator


EquationTrekkerのオプションであり,トレックを生成するために使用するメソッドを指定する.

詳細詳細

  • を使うためには,まずEquationTrekkerパッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["EquationTrekker`"]を実行する必要がある.
  • 有効な設定はDifferentialEquationTrekPoincareSectionである.他の設定はInitializeGeneratorでインストールすることができる.
  • デフォルト設定のDifferentialEquationTrekではNDSolveによって生成された従属変数の位相パスに従うことによりトレックが生成される.
  • PoincareSectionと設定すると,すでに決まっている(通常周期的な)区間での位相スペースを抽出することでトレックが生成される.
  • メソッドのサブオプションは設定を使って指定してもよい.