EconomizedRationalApproximation

EconomizedRationalApproximation[expr,{x,{x0,x1},m,n}]
区間 x0 から x1 で有効な,expr の有理数近似のケチ表現を与える.ここで mn はそれぞれ分子と分母の次数である.

詳細詳細

  • EconomizedRationalApproximationを使うためには,まず関数近似パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["FunctionApproximations`"]を実行する必要がある.
  • EconomizedRationalApproximationは区間 x0から x1の中点付近でのパデ近似を求め,その近似を誤差における主係数を小さくするようにチェビシェフ近似で摂動する.
  • Wolfram言語は,x0から x1の区間の中点でベキ級数が評価できる場合のみ,その区間上の有理近似のケチ表現を見付ける.
  • EconomizedRationalApproximationは特殊なSeriesDataオブジェクトでなく,通常の多項式の比を生成する.