OrderStarPoles


OrderStarPlotのオプションのひとつであり,近似と近似する関数の極点を表示するかどうかを指定する.

詳細詳細

  • を使うためには,まず関数近似パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["FunctionApproximations`"]を実行する必要がある.
  • 有効な設定は2つの要素のリストである.各要素はTrueFalse,点のリストのいずれかである.デフォルトの設定は{True,True}である.
  • 最初の要素は近似の極点を表示するかどうかを指定し,2つ目の要素は近似される関数の極点を表示するかどうかを指定する.
  • 設定Trueでは,OrderStarPlotNSolveを使って極点を見付ける.NSolveが極点を見付けられない場合もある.Trueではなく点のリストを与えることで,NSolveが見付けた点とこれらの点が表示される.