FUNCTION APPROXIMATIONS パッケージ シンボル

PrintFlag


MiniMaxApproximationGeneralMiniMaxApproximationのオプションのひとつであり,近似アルゴリズムにおける連続した反復からのデータを表示するかどうかを指定する.

詳細詳細

  • を使うためには,まず関数近似パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["FunctionApproximations`"]を実行する必要がある.
  • 有効な設定はTrueFalseであり,デフォルト値はFalseである.
  • オプションは,MiniMaxApproximationあるいはGeneralMiniMaxApproximationで使用しているアルゴリズムが失敗したときに,何が悪かったのかを見付ける場合に便利である.
  • 設定PrintFlag->Trueでは2種類のリストが出力される.1つには,極値の位置の変化のリストが含まれ,もう1つには極値の位置とその極値における相対誤差の値を示す数値のペアのリストが含まれる.