SpheroidalDistance

バージョン7.0現在で,SpheroidalDistanceGeoDistanceのプロパティとなっている.

SpheroidalDistance[pt1,pt2]
地球上の2つの点 pt1pt2の間の距離を惑星の回転楕円体モデルを用いて計算する.

詳細詳細

  • SpheroidalDistanceを使うためには,まず測地学パッケージ をロードしなくてはならない.それにはNeeds["Geodesy`"]を実行する必要がある.
  • pti は数字のペア{latitude,longitude}で表される.
  • 各座標 latitudelongitude は,度数で与えられる.あるいは{degrees,minutes}{degrees,minutes,seconds}という形式でも表すことができる.
  • 座標の値が負であるときは,南緯または西経を表す.
  • 距離はキロメートルで返される.
  • このモデルは機械精度計算のみを使用する近似公式である.地球の標準モデルの10000キロメートル以下の距離では非常によい近似が行える.
  • 次のオプションを使うことができる:
  • SemimajorAxis6378.14長半径の長さを指定する
    Eccentricity0.081819離心率の値を指定する
  • SemimajorAxis->lengthと設定すると,回転楕円体モデルの長半径は length キロメートルとみなされる.
  • Eccentricity->vと設定すると,楕円体モデルの離心率は v とみなされる.
Translate this page: