AdjacencyMatrix

バージョン10では,グラフユーティリティパッケージの機能すべてがWolframシステムに組み込まれている. >>

AdjacencyMatrix[g]
グラフ g を表すSparseArrayオブジェクトを返す.


n 個の頂点のグラフを作成するために必要に応じて付加的な非連結頂点を加えて,グラフ g を表すSparseArrayオブジェクトを返す.

詳細詳細

  • を使うためには,まずグラフユーティリティパッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["GraphUtilities`"]を実行する必要がある.
  • グラフ g は,規則のリスト,隣接行列,グラフの Combinatorica 表現のどれで指定してもよい.
  • SparseArrayオブジェクトの行/列はVertexList[g]で返される順序の頂点に対応する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

In[1]:=
Click for copyable input

規則のリストで指定されたグラフの隣接行列:

In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]//MatrixForm=

この関数はWolframシステムのAdjacencyMatrixで代替されている:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]//MatrixForm=