ClosenessCentrality

バージョン10で,GraphUtilitiesパッケージの機能すべてがWolframシステムに組み込まれた. >>

ClosenessCentrality[g]
近接中心性を見付ける.

詳細詳細

  • ClosenessCentralityの機能はWolfram言語の組込み関数ClosenessCentralityで利用できるようになった.
  • ClosenessCentralityを使うためには,まずグラフユーティリティパッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["GraphUtilities`"]を実行する必要がある.
  • 頂点 u の近接中心性は,u から他のすべての頂点への距離の和の逆数として定義される.非連結グラフでの頂点の近接中心性は,この頂点が属している要素の近接中心性に基づく.
  • 次のオプションを使うことができる:
  • WeightedTrue距離の計算で辺の重みを使うかどうか
    NormalizeFalse出力を正規化するかどうか

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

In[1]:=
Click for copyable input

これで小さいグラフを定義する:

In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

近接中心性を計算する:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
In[1]:=
Click for copyable input

この関数の代わりにWolframシステムのClosenessCentralityが使われるようになった:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
Translate this page: