CommunityStructureAssignment

バージョン10で,GraphUtilitiesパッケージの機能すべてがWolframシステムに組み込まれた. >>

CommunityStructureAssignment[g]
グラフ g の頂点のコミュニティへの割当てを返す.

詳細詳細

  • CommunityStructureAssignmentの機能はWolfram言語の組込み関数FindGraphCommunitiesで利用できるようになった.
  • を使うためには,まずグラフユーティリティパッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["GraphUtilities`"]を実行する必要がある.
  • この割当てでは,密度の高い辺がコミュニティ間ではなく,コミュニティ内に存在するよう,頂点をコミュニティにグループ分けする.
  • 次のオプションを使うことができる:
  • WeightedFalseマッチングの際に,重みの大きい辺を優先するかどうか

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

小さいグラフを定義する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ネットワークが2つのコミュニティにグループ化されることを見付ける:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

の代わりにFindGraphCommunitiesが使われるようになった:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=