EdgeList

バージョン10で,GraphUtilitiesパッケージの機能すべてがWolframシステムに組み込まれた. >>

EdgeList[g]
グラフ g の辺のリストを返す.

詳細詳細

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

In[1]:=
Click for copyable input

単純グラフの頂点のリスト:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

この関数の代わりにWolframシステムのEdgeListが使われるようになった:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=