GraphDistance

バージョン10で,GraphUtilitiesパッケージの機能すべてがWolframシステムに組み込まれた. >>


グラフ g の頂点 i から頂点 j までの距離を返す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • GraphDistanceの機能はWolfram言語の組込み関数GraphDistanceで利用できるようになった.
  • を使うためには,まずグラフユーティリティパッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["GraphUtilities`"]を実行する必要がある.
  • は1つの頂点から別の頂点へのグラフ距離を返す.i から j への経路が存在しない場合はInfinityが返される.デフォルトでは,各辺は重み1を持つものとされる.
  • 次のオプションを与えることができる:
  • WeightedFalse距離の計算で辺の重みを使うかどうかを指定する

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

In[1]:=
Click for copyable input

簡単な有向グラフを定義する:

In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

頂点1と頂点5の間の距離を計算する:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

この関数の代わりにWolframシステムのGraphDistanceが使われるようになった:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=