LineScaledCoordinate

バージョン10で,GraphUtilitiesパッケージの機能すべてがWolframシステムに組み込まれた. >>

LineScaledCoordinate[{{x1,y1},{x2,y2},,{xk,yk}},r]
{x1,y1}からスケールされた距離 r において,ポリライン{{x1,y1},{x2,y2},,{xk,yk}}の点の座標を返す.

LineScaledCoordinate[{{x1,y1},{x2,y2},,{xk,yk}}]
LineScaledCoordinate[{{x1,y1},{x2,y2},,{xk,yk}},0.5]と等価である.

詳細詳細

  • LineScaledCoordinateを使うためには,まずグラフユーティリティパッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["GraphUtilities`"]を実行する必要がある.
  • LineScaledCoordinateは2D,3Dのどちらにも有効である.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

In[1]:=
Click for copyable input

矢印から60%下がった点において辺を形成する頂点を表示する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

GraphPlot3Dで辺のラベルを加える:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=