NeighborhoodSubgraph

バージョン10で,GraphUtilitiesパッケージの機能すべてがWolframシステムに組み込まれた. >>


r 回以内のホップで頂点 i から到達することのできる頂点で構成される部分グラフを与える.


頂点 i から到達することのできる頂点で構成される部分グラフを与える.

詳細詳細

  • NeighborhoodSubgraphの機能はWolfram言語の組込み関数NeighborhoodGraphで利用できるようになった.
  • を使うためには,まずグラフユーティリティパッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["GraphUtilities`"]を実行する必要がある.
  • は一定数以内のホップで,指定された頂点から到達することのできる頂点からなる部分グラフを返す.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

In[1]:=
Click for copyable input

簡単な有向グラフを定義する:

In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

これは,3回以内のホップで頂点2から到達することのできる頂点から構成される部分グラフを見付ける:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

の代わりにNeighborhoodGraphが使われるようになった:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=