DistanceMatrix

DistanceMatrix[list]
list の要素間の距離(非類似)行列を返す.

詳細詳細

  • を使うためには,まず階層的クラスタリングパッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["HierarchicalClustering`"]を実行する必要がある.
  • list の要素は数値リスト,行列,テンソル,ブール要素のリスト,文字列のいずれかになり得る.データ要素はすべて同じ次元でなければならない.
  • DirectAgglomerateで使用するのに相応しい対称行列を返す.
  • 非類似度を計算するために使用するメソッドはDistanceFunctionオプションで選ぶことができる.
  • デフォルト設定のDistanceFunction->Automaticでは,は数値データについてはEuclideanDistanceの平方を,ブールデータについてはJaccardDissimilarityを,文字列データに対してはEditDistanceを使う.
  • DistanceFunctionの設定は,距離(非類似度)の関数,または2つの値の間の距離を定義する純関数 f のいずれでもよい.