FRatioCI


自由度 n および m のF分布に基づく信頼区間を返す.

詳細詳細

  • を使うためには,まず仮説検定パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["HypothesisTesting`"]を実行する必要がある.
  • は,ratio により推定された分散比に対する信頼区間を返す.
  • 信頼水準 では,および である.ここで は,分子自由度 n,分母自由度 m のF分布の第 分位点である.
  • は大きさが および の標本から推定された標本分散に基づく母分散比に対する信頼区間である.
  • 以下のオプションを使うことができる:
  • ConfidenceLevel0.95信頼区間に関連付けられた確率