FRatioPValue


自由度が nm のF分布において x を超える累積確率を返す.

詳細詳細

  • を使うためには,まず仮説検定パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["HypothesisTesting`"]を実行する必要がある.
  • x が自由度 n および m のF分布の中央値より小さい場合,片側 値はCDF[FRatioDistribution[n,m],x]であり,それ以外の場合は1-CDF[FRatioDistribution[n,m],x]である.
  • 両側 値は片側 値の2倍である.
  • 次のオプションを使うことができる:
  • TwoSidedFalse両側検定を行うかどうか