FullReport


仮説検定関数のオプションであり,レポート情報がすべて返されるようにするかどうかを指定する.

詳細詳細

  • を使うためには,まず仮説検定パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["HypothesisTesting`"]を実行する必要がある.
  • デフォルト設定のFullReport->Falseでは,検定の 値のみが返される.
  • FullReport->Trueでは,推定量,検定統計量,検定統計量の分布も返される.