MeanDifferenceTest


帰無仮説 を使って検定を実行する.

詳細詳細

  • を使うためには,まず仮説検定パッケージ をロードしなくてはならない.それにはを実行する必要がある.
  • は,および を抽出した母集団の平均 および の差分ととの間に有意差があるという検定に対して 値を返す.
  • は,母分散が既知であると想定される場合には正規分布に基づく.
  • 2つの母集団の分散が等分散で未知であると想定される場合,検定は自由度Length[list1]+Length[list2]-2のスチューデントの 分布に基づく.
  • 母分散が既知であるとも等分散であるとも想定されない場合,自由度に対してウェルチの近似法が使われる.
  • 次のオプションを使うことができる:
  • EqualVariancesFalse未知の母分散が等分散と想定するかどうか
    FullReportFalse検定に関する詳細情報を含むかどうか
    KnownVarianceNone母分散
    SignificanceLevelNone検定の有意水準
    TwoSidedFalse両側検定を実行するかどうか