VarianceTest


帰無仮説を使って検定を実行する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • を使うためには,まず仮説検定パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["HypothesisTesting`"]を実行する必要がある.
  • は,list が抽出された母集団の分散ととに有意差があるという検定の 値を与える.
  • は検定統計量 を使う.ここで var=Variance[list]df=Length[list]-1である.
  • は自由度Length[list]-1分布に基づく.
  • 次のオプションを使うことができる:
  • FullReportFalse検定に関する詳細情報を含むかどうか
    SignificanceLevelNone検定の有意水準
    TwoSidedFalse両側検定を実行するかどうか
  • オプションFullReport->Trueでは,は標本分散,検定統計量, 値の生成に使用した分布も返す.