$RelaxedTypeChecking

$RelaxedTypeChecking
Javaの呼出しに引数として送信中のデータ配列に対して,Wolfram言語内で(パターンテストによって)実行する検証をスピードアップしたい場合にTrueに設定できるフラグである.

詳細詳細

  • $RelaxedTypeCheckingを使うためには,まず J/Link をロードしなくてはならない.それにはNeeds["JLink`"]を実行する必要がある.
  • 非常に大きい行列では,それがJavaに送られる前に,例えば整数の矩形行列であることをテストするのは高価になる可能性がある.
  • このプロセスは,テストの厳密さを低くすることで速くなるので,メソッドで想定されている通りの引数を確実に渡すようにしなければならない.
  • デフォルト値はFalseである.
  • 好きなときに値を設定・リセットすることができる.一般的な使用例はBlock[{$RelaxedTypeChecking=True},methodcall[matrix]]である.