DesignedRegress

バージョン7.0の時点で,の代りにLinearModelFitが使われるようになった.


計画行列 matrix と応答ベクトル vector が与えられたときの最小二乗フィットを見付ける.


計画行列の特異値分解 svd が与えられたときのフィットを見付ける.

詳細詳細

  • を使うためには,まず線形回帰パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["LinearRegression`"]を実行する必要がある.
  • 計画行列はDesignMatrixによって返されるように,独立変数の観測値において評価された基底関数を含むリストである.
  • はオプションRegressionReportにより指定された結果および診断の規則のリストを返す.
  • 引数 svd の形式は,SingularValueDecompositionで返される形式と同じである.
  • への入力として与えられる厳密数は,機械精度の近似数に変換される.
  • 次のオプションを使うことができる:
  • RegressionReportSummaryReport出力に含まれる結果
    BasisNamesAutomatic表のヘディングの基底要素の名前
    WeightsAutomatic各データ点に対する重み
    MethodAutomatic特異値の計算に使用するメソッド
    ToleranceAutomatic特異値の計算に使用する許容誤差
    ConfidenceLevel0.95信頼区間に対して使われる信頼レベル