KeepNETObject

KeepNETObject[object]
現行のNETBlockが終了するときに指定されたオブジェクトが解放されないようにする.

KeepNETObject[object,Manual]
指定されたオブジェクトが囲んでいるNETBlock式すべてから逃げるようにする.つまり,オブジェクトは手動でReleaseNETObjectを呼び出す場合にのみ解放される.

詳細詳細

  • KeepNETObjectを使うためには,まず.NET/Link をロードしなくてはならない.それにはNeeds["NETLink`"]を実行する必要がある.
  • KeepNETObjectは,オブジェクトが現行のNETBlockから「逃げる」ことができるようにする.
  • オブジェクトが実際にそのブロックによって解放されるように候補に立てられた場合にのみKeepNETObject は効果がある.
  • オブジェクトは,次に囲んでいるNETBlockのリストがあればそれを「解放する」ように働きかけられる.オブジェクトはブロックが終るときに(KeepNETObjectが外側のブロックでもう1度呼び出されない限りは)解放される.