ND


における x についての expr の導関数の数値近似を与える.


expr の第 導関数の数値近似を与える.

詳細詳細

  • を使うためには,まず数値計算パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["NumericalCalculus`"]を実行する必要がある.
  • expr は,その引数 x が数値である場合は,数値でなければならない.
  • と等価である.
  • は実際にはゼロとなるような小さい数を識別することができない.このような誤りの残余を排除するためにChopを使う必要があることがある.
  • 次のオプションを与えることができる:
  • MethodEulerSum使用するメソッド
    Scale1変動が想定される大きさ
    Terms7使用される項の数
    WorkingPrecisionMachinePrecision内部計算で使用する精度
  • Methodに可能な設定は以下の通りである:
  • EulerSum極限にリチャードソン(Richardson)補外を使う
    NIntegrateコーシー(Cauchy)の積分公式を使う
  • Method->EulerSumでは,expr を評価する必要がある.
  • expr の近傍で解析的でないなら,デフォルトメソッドのを使わなければならない.
  • Method->EulerSumを使う場合,変動の尺度を得るためにオプションScale->s が使われる.
  • 導関数の値が方向に依存する場合,デフォルトは右方向である.他の方向はオプションScale->s(方向が s)で選ぶことができる.
  • オプションTerms->n は,Method->EulerSumを使う場合に外挿に使用する項の数を与える.
  • Method->NIntegrateでは,式 expr は点 の近傍で解析的でなければならない.
  • オプションScale->rMethod->NIntegrateで使用する積分曲線の半径を指定する.