NResidue


付近の expr の留数を数値的に求める.

詳細詳細

  • を使うためには,まず数値計算パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["NumericalCalculus`"]を実行する必要がある.
  • 引数 x が数値の場合,式 expr は数値でなければならない.
  • 留数は,expr のローレン展開のの係数として定義される.
  • は複素平面上の点 を中心とする小円の周りを数値的に積分する.は穴あき円板が解析的でない場合,誤った結果を返す.
  • は実質的にゼロとなるような小さい数を認識することができない.このような誤った残差を排除するためにChopが必要となることがよくある.
  • Residueは通常ある点でベキ級数を評価することができなければならないが,はベキ級数が計算されなくても留数を見付けることができる.
  • NIntegrateと同じオプションを持つ他,次のような追加・変更がある:
  • Radius1/100積分が評価される曲線の半径
    MethodTrapezoidal使用する積分法