NSeries


からを含む点 付近での f の級数展開を数値的に近似する.

詳細詳細

  • を使うためには,まず数値計算パッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["NumericalCalculus`"]を実行する必要がある.
  • 関数 f は,その引数 x が数値である場合は,数値でなければならない.
  • は標準の一変数テイラー(Taylor)級数あるいはローレン(Laurent)級数を構築する.
  • を中心とする複素平面の円上の点における f を抽出し,InverseFourierを使う.オプションRadiusで円の半径を指定する.
  • 収束領域は f が解析的である環(抽出された点を含む)となる.
  • を中心とする円板に f の分枝切断線が含まれる場合,は正確な結果を返さない.
  • の結果はSeriesDataオブジェクトである.
  • の結果がローレン級数である場合,高次の極は無視されるので,SeriesDataオブジェクトは級数を正しく表していない.
  • 級数の各係数の精度を正当とするための努力はなされない:
  • は実際にはゼロとなるような小さい数を識別することができない.このような誤りの残余を排除するためにChopを使う必要があることがよくある.
  • 選ばれる標本点の数は2^(TemplateBox[{{{log, _, 2},  , {(, n, )}}}, Ceiling]+2)である.
  • 次のオプションを与えることができる:
  • Radius1f を抽出する円の半径
    WorkingPrecisionMachinePrecision内部計算で使用する精度