OpenCLFractalRender3D
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.


画像サイズが指定された width および height である三次元フラクタルをレンダリングする.

詳細詳細

  • OpenCLLink アプリケーションは,Needs["OpenCLLink"]を使ってロードされなければならない.
  • を使うには,システムに OpenCLLink のサポートが含まれていなければならない.この詳細については,「OpenCLLink の設定」を参照のこと.
  • 以下のオプションが使用できる.
  • AspectRatio1.出力の縦横比
    ImageSize256出力の幅
    Method"Triplex"フラクタルのレンダリングに使われるメソッド.は,3Dのスライスがレンダリングされている四元数を使って4Dフラクタルを作成し,は3Dフラクタルを作成し,オプションの距離の推定器を使う
    PerformanceGoalAutomaticレンダリングの目標性能
    "BoundingRadius"2.フラクタルの境界となる球体の半径
    "Color"{1., 0.35, 0.15}RGBの実数値でのフラクタルの曲面色
    "Device"AutomaticOpenCL計算が行われるデバイス
    "Floor"Trueレンダリングで床面を有効または無効にする
    "MaxIterations"5距離の推定値を計算する際に使われる反復の数
    "Multisampling"Falseアンチエイリアス処理を有効にするかどうか.数を指定して,アンチエイリアス処理に使う画素ごとのサンプル数を示すことができる
    "Platform"AutomaticOpenCL計算が行われるプラットフォーム
    "Precision"0.001ヒットであると見なされる曲面と光線の間のイプシロン距離
    "Shadows"True影のレイトレーシング機能を有効または無効にする
    "SingleFrame"False1フレームのレンダリングだけを表示する
    "SingleFrameParameters"Noneカメラの位置,フラクタルパラメータ,光の位置を含むリスト
    "SliderParameters"NoneManipulateのフラクタルパラメータの下限,上限,開始値,ステップの値を指定する
    "SpecularExponent"30.曲面のフォンシェーディング技法の鏡面反射指数
    "Specularity"0.65フォンシェーディングを施す曲面の鏡面性
    "TargetPrecision""Single"計算に使用する精度
    "Type""Mandelbrot"レンダリングするフラクタルの種類

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (5)  (5)

まず OpenCLLink アプリケーションをロードする:

In[1]:=
Click for copyable input

以下でマンデルブロ(Mandelbrot)集合の3Dフラクタル(Mandelbulb)をレンダリングし,ユーザがManipulateを使ってパラメータを調節できるようにする:

In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input

フレームのパラメータ(カメラの位置,フラクタルパラメータ,光の位置)を定義する:

In[1]:=
Click for copyable input

ジュリア(Julia)集合の3Dフラクタルの1フレームを画像としてレンダリングする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

フラクタルの表面色を変更する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

上の例と同じように,フレームのパラメータ(カメラの位置,フラクタルパラメータ,光の位置)を定義する:

In[1]:=
Click for copyable input

3DのMandelbulbフラクタルの1フレームを,反復の最大数を変化させてレンダリングする:

In[2]:=
Click for copyable input

結果を格子で表示する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

さまざまなフラクタル指数を持つ一連のフレームをレンダリングする:

In[1]:=
Click for copyable input

結果を格子で表示する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

フレームのパラメータ(カメラの位置,フラクタルパラメータ,光の位置)を定義する:

In[1]:=
Click for copyable input

ジュリア(Julia)集合の3Dフラクタルの1フレームを画像としてレンダリングする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=