OpenCLFunction
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

OpenCLFunction[args]
OpenCLFunctionLoadを使ってロードされる関数である.

詳細詳細

  • OpenCLLink アプリケーションは,Needs["OpenCLLink`"]を使ってロードしなければならない.
  • は,OpenCLFunctionLoadによって返される.
  • オブジェクトは,純関数と同じように使うことができる.
  • で表される関数は,Wolfram言語カーネルと同じプロセスで実行される.
  • で表される関数は,Wolfram言語カーネルが終了する際にアンロードされる.
  • 起動時に,スレッドの数が(の追加の引数として)指定されていない場合には,最大の階数と次元を持つ要素の次元が選ばれる.画像については,階数は2に設定される.
  • 起動時に,スレッドの数がブロック次元の倍数ではない場合には,スレッド数はブロック次元の倍数になるようにインクリメントされる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

まず OpenCLLink アプリケーションをロードする:

In[1]:=
Click for copyable input

OpenCLソースから関数をロードする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

関数を呼び出す:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

関数についての情報を求める:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=