OpenCLMemory
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.


OpenCLLink メモリマネージャで登録されたメモリへのハンドルである.

詳細詳細

  • OpenCLLink アプリケーションは,Needs["OpenCLLink`"]を使ってロードしなければならない.
  • は,OpenCLMemoryLoadあるいはOpenCLMemoryAllocateによって返される.
  • は,OpenCLMemoryInformationを使って問合せを行うことができる.
  • は,OpenCLMemoryGetを使って取り込まれる.
  • は,OpenCLMemoryUnloadを使ってアンロードされる.
  • 有効なの型:
  • IntegerRealComplex
    "Byte""Bit16""Integer"
    "Byte[2]""Bit16[2]""Integer32[2]"
    "Byte[4]""Bit16[4]""Integer32[4]"
    "Byte[8]""Bit16[8]""Integer32[8]"
    "Byte[16]""Bit16[16]""Integer32[16]"
    "UnsignedByte""UnsignedBit16""Float"
    "UnsignedByte[2]""UnsignedBit16[2]""Float[2]"
    "UnsignedByte[4]""UnsignedBit16[4]""Float[4]"
    "UnsignedByte[8]""UnsignedBit16[8]""Float[8]"
    "UnsignedByte[16]""UnsignedBit16[16]""Float[16]"
    "Double""Double[2]""Double[4]"
    "Double[8]""Double[16]"

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

まず OpenCLLink アプリケーションをロードする:

In[1]:=
Click for copyable input

OpenCLLink メモリマネージャを使ってリストConstantArray[0, 10]を登録し,ハンドルを返す:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

メモリを割り当て,それを OpenCLLink メモリマネージャを使って登録する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

割り当てられたメモリについての情報を返す:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=